②知って得する色の活用術〜オレンジ色のヒミツ〜

ブログにきてくださりありがとうございます。

カラーセラピストあやねすです(*^_^*)

 

前回は、赤色のヒミツについてお話しました。

(→知って得する色の活用術〜赤色のヒミツ〜 - カラーセラピストが教える色のいろいろ)

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、オレンジ色について書こうと思います。

オレンジ色が好きな方多いので必見です!

 

オレンジ色の特徴

f:id:colorrr:20180114224749j:image

太陽のような、あたたかみのあるオレンジ色が好きな人は、人と関わることが好きだったり、社交的な人です。

また、人脈を増やしたい!人が大好き!という願望が強い寂しがりやさんでもあります。

外の情報が欲しいとき、外の世界と繋がりが欲しいときにオレンジ色が気になる傾向があるようです。

 

自分が元気なのかどうかはオレンジ色を見たときの印象で判断できるので、ちょっとしたときにチェックしてみてください。

美味しそうとか楽しい気持ち→元気な証拠

うるさく感じたり眩しい→気持ちが弱っているとき

(あくまでも目安として)

 

  • わたしたちへの影響

f:id:colorrr:20180114224830j:image

ビタミンカラーのオレンジ色は、見るだけで元気をもらうことができます。

またそれだけでなく、オレンジ色の暖かさは不安を和らげる効果もあります。
心に不安があったり、なにか心配なことがあるときは、オレンジ色を見ると心を整えることができるでしょう。

 

また、の積極性との判断力を併せ持った橙は思ったらすぐ行動してみる前向きさを与えてくれます。

何か行動したいことがあるとき、前向きになりたいときにオススメです。

 

明るい気持ちになれるので人との交流を助けてくれます。

 

本気を出したいときに効果を発揮する色です。プレッシャーから来る緊張を弱めて力を出せる状態にしてくれます。スポーツで結果を出したいときにも使えます。

 

  • 生活への取り入れ方

f:id:colorrr:20180114224817j:image

オレンジ色は胃腸を刺激し、食欲増進の効果もあります。


食欲がわかないときはオレンジ色の食器やテーブルクロスを使ったりするなどしましょう。

また、オレンジ色には、食べ物が美味しくみえる効果もあります🍴

 

それを生かしてダイニングや飲食店などでは、オレンジ色の照明やインテリアを使ったりして効果的に色を使うことをオススメします✨

 

いかがでしたか??

次回は黄色についてお話しようと思っています。

読んでくださってありがとうございました。