③知って得する色の活用術〜黄色のヒミツ〜

「知って得する色の活用術」の記事に立ち寄ってくださりありがとうございます。

カラーセラピストあやねすです(*^_^*)

 

前回は、オレンジ色のヒミツについてお話しましたので今回は黄色について🐤

(前回の記事はこちら→②知って得する色の活用術〜オレンジ色のヒミツ〜 - カラーセラピストが教える色のいろいろ)

 

 

黄色の特徴

f:id:colorrr:20180115152814j:image

黄色は、元気な太陽をイメージする色です。黄色が気になる人は、他人から注目されたい人気者になりたいと思っています。

 

また、黄色は子どもの象徴です。子どものように好奇心旺盛で、幼稚なところもあるタイプです。ワクワクすることや、冒険が好きなタイプでもあります。

 

昼夜問わず認識しやすいので注意の色として使われます。

標識に使われたり、目立たせたい文字に使われています。

 

 

  • わたしたちへの影響

f:id:colorrr:20180115202757j:image

黄色は左脳を刺激し知性を高める色です。理解力記憶力判断力が高まり、心の不安を解消します。人前で話すのが苦手な人でも、黄色を使うと頭の回転が速くなり会話をスムーズに運ぶことができるようになります。

 

イエローはみぞおちとヘソの間にある第3チャクラ「マニプラ」の色です。自分を信頼し人生を切り拓くエネルギーの源となるチャクラです。

自分を信頼したいとき、元気がないときにやってみると良いワーク

胃のあたりで太陽をイメージしていきます。

イエローの暖かく明るいエネルギーが
身体の内側で広がっていくのを感じていきます。

それが拡大して身体全身を暖かく癒していくのを感じていきます。

 

これを一日5分でもいいのでやってみると、

自分の中でエネルギーの循環が起き

元気が湧いてくるでしょう

 

  • 生活での取り入れ方

f:id:colorrr:20180115152825j:image

黄色は、胃腸の働きをよくしてくれる色です。

胃腸が悪いな、ムカムカするなと感じたときに黄色をみてみてはいかがですか?

 

また、黄色は話しかけやすい印象を与えてくれるので、イベントに行くとき、人と会うときにファッションのワンポイントで取り入れてみることをオススメします⭐︎

 

風水では、イエローは金運を司っています。特に水との相性が良いとされ、バスルームやトイレやキッチンにイエローを取り入れると、家全体の金運が高まるとされています。

 

読んでくださってありがとうございます(*^_^*)

次回は、緑色についてお話したいと思います。